スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の魂にナチュラルに、、、☆

2010.12.30.22:32

 今年の年はじめのスローガン。


「自分の魂にナチュラルに生活する」


でしたが、

自分的には、私にしては、
成長しましたって感じなんです☆
すごいっしょ??(笑)


 なんていうかな、
年もあるかナ?(これ、よく言ってますけど《笑》)


 
 なにかどこかで満足しているものがあるんです。 
 
 不安な事がないというとウソです。

 不安はあります。
(それで時々横腹が痛くなってました《笑》)



 でも、何かガッチリした大きなものに
愛されている、みたいな感じがあって、


 どこか満足してるんです。



 過去にも数回ありました、そういう転機が。
でもまた‘不満足’にもどったりして、、、。




 その満足の時って、私の場合ですが、


* 人を素直に褒める事ができる。

* 相手の中に良い所を見つけやすくなる。

* 相手の中に尊さを感じる。

* 笑顔が沢山出る。

* 温かさに包まれている。

* 何かを自慢する必要がなくなる。

* 感謝の思いが増える。

etc,,,



 今もこれら全てを完全にクリアしているわけじゃありませんが、


とにかくとても楽な生活になってきマシタ☆




 何でこのように‘ナチュラル’に近づいてくる事ができたか、、、




それは、余裕のない(内外共に)生活が続くと、

だんだん自分が最低レベルの人間に思えてくる、

そんな時期が過去数回あった。

心がどんどん落ち込むと、

外的にもどんどんタイミングとかが悪くなったりする。

で、さらに、なんて自分はだめな人間なんだろうって、

思った事が過去に数回。

死にたいくらいに落ち込んだ事も。



 で、

その時に、自分がここに存在した理由全てに対して

申し訳ない思いがわく。


出来が悪くてゴメンナサイ、みたいな。


 でも、その時に、私という生命を存在させた何かに対して、

感謝する思いがあるのに気づく。



 そうすると、最低人間でも、

チョコットでも世間のプラスになる事をやる
人になろうっと謙虚に前向きに、思う。



 そしたら、楽になって、
そしてドバーっと
突如良い展開になっていくのを感じるようになる。
これはホント、突如と、ですね。



 そんな事を数回繰り返して、

なんせ自分は何かとてつもない大きなガッチリしたものに

愛されている!っという安堵感に包まれるのです。

きっと皆さんそうなるんだと思います。



それで本来良い奴である私は
(自分で言うな!)


年月経つにつれ?、

我というプライドが解けていって

とってもナチュラルに楽になってきたのです☆


説明下手でゴメンナサイ。




「あこがれの、‘楽な’人生」

は、心と体がもっと実感していく事でしょう。



 来年のスローガンはまだハッキリ言葉では表現できないが、


‘クリスタルが解けて気体になって、
そしたら、どこにでも飛んでいくことができる、、、’ 



 そんな感じのもの、、、☆☆☆



 良い新年をお迎えくださいね!!



いつも訪問してくださり、
ありがとうございますー☆
 

スポンサーサイト

私のサンタクロース

2010.12.23.12:12

   2010年もクリスマス☆シーズンですね。

 我が家の住宅区が古いこともあり、
電話やインターネットがちょくちょく
オカシクナルこのごろ。

 まあ仕方ないか、、、また直しに来てくれるようだし。




 我子達は、中学生ボンズが一人と、 
小学生高学年ボンズが一人と、
小学生中学年ジョウチャンが一人。


 オハズカシながら(でもないんだけどネ)

皆サンタクロースを信じている、、、

あ、いや、中学生ボンズのモー太は
実はそうでもないのかもしれないが、
信じてる事にしていてくれてるのかも、、、。
(親へのサービス精神で?)

まあ、半分は信じている感じ?





 もう一人のボンズの タツは?
もしかしたらおんなじ状態かな、、、?


 でもカワイク、サンタを待っている。



 ジョウチャンのポニーは、

最近クラスメートが


「Santa is not real(サンタは本当じゃないヨ).」


っと言ったらしく、
母の私に言ってきた。  



ポニー 「サンタさんって、本当じゃないのー?」


私  「赤、白の服をまとって長いひげを
   はやして、、、っていうのは、
   長い年月かけて徐々に人々が作っていったイメージの
   姿だろうね。でも、セント.ニコラス(ニコライ)
   というおじいさんが昔いて、
   子供たちに施したいうお話は本当らしいよ。
   そこからきているんだ。」


 
 モー太やタツがこのくらいの時にも
同じ話をした記憶がある。


 その子がここまでの話でその後質問がなければ
そこまでで話はやめる事にしている。

 性教育に関しても、そうしている。
(質問が返ってこなくなったところでストップする)

 その頃のボンズたちは、そこまでの私の言葉で満足したみたいなので。
(、、、で、やっぱりサンタを信じる《笑》)



 でもその後チョイ成長したこの二人には、
さっきのサンタの話の
「続き」をしたことがある。




 コレは完全ハナブキ個人の経験談、
彼らの母親の個人的な経験談だけど―――


っと言って話し始めました☆





 「お母さんのお母さん、あんた達のホントのおばあちゃんは
 お母さんが小さい頃亡くなったって言ったでしょ。

 その後の七夕には、たんざくに
 『おかあさんが、生き返っておうちにもどってきますように』
 と書いてつるしたし、クリスマスには、
 『サンタさん、おかあさんをつれてきてください』
 と一生懸命お祈りしたんだ。お父さん、あんた達のおじいちゃんは、
 あとで思うと、胸が痛かったと思うよ。


 で、30数年経ったとき、
 それはおじいちゃんが他界した時だけど、
 供養したときに、おじいちゃんとおばあちゃんが、
 白い式服を着て、キラキラした所で
 もう一回結婚式みたいなのをしている
 イメージが、ドーンとはいってきたんだ。

 そして‘とうとう私の元へもどってきた’
‘やっと再び家族一緒になれた’
‘待ち焦がれていたこれが、やっと手に入った’
 
 そんなイメージが来て、なんともいえない安堵感に包まれたんだよ。

 ああー!! 
 っと心の中で雄叫びがあがったよ。
 それからお母さん(私)の心が
 やっと地面に着地できたっていうかさー、
 ホッとして、30数年たってやっと
 なんか、グラグラしない安定した柱が立ったような
 気持ちになったのよ。



 、、、っと思ったら、

あああっ!?! 

あの時、たんざくに書き、
サンタさんに祈った‘お願い’が

30数年経った今、違ったカタチで、
あれを今叶えてくれたんだー!!!

っという思いがドッときたんだ。


 

 最大のプレゼントをもらってしまったって感じ。

 欲しくてもダメに決まっていると、
 子供ながらに無理だとあきらめながらお願いしていた、
 超特別プレゼントが実現した。


 そして
 他の人達がどんなに自分の持っているものを
 自慢したとしても、
 なんの羨ましい思いも湧かない。

 そして私自身ののことも
 人に無理して良く見せたいとか
 思わない。

(以前は、そういうものがあった、、、
満たされていなかったからだと思う)


 とにかくそんな事を一切消してしまう
 満足しきったプレゼントをゲットシテシマッタのだ☆




 サンタクロースは いる。
赤と白の服じゃないかもしれないけど、

神サマの使いの一人のような、
尊いスピリットの存在で、

私たちの声を聞いてくれている、



誰がなんと言おうと、
そういう存在がお母さんの中では
いる  んだ。


でもね、コレはお母さんの個人的な
意見だからね。


あなたたちは自分で時々心を落ちつけてさ、
メディテーションでもして、

自分で判断しなね。」


 


 いつの間にかポニーにも、
この話をしてしまった。


 話の後、ポニーは何も言わなかった。

 横に飾ってある天井までのツリーには、
3人の子供たちが今までに学校で作った
クラフト、クリスマスのオーナメント
(殆どが画用紙で作ったものだけどね☆)が
沢山飾ってある。

 二人でそれを見ながら、日本茶をズズーッとすすった。


いつも訪問してくださり、
ありがとうございますー☆
 

ドタバタ年末☆ その一幕

2010.12.15.23:42

 子供たちも忙しい、、、
 
 モー太(中3)は、
相変わらず宿題やプロジェクトが多い。 

 ポニー(小3)は、今週末のクラシックバレエの
「くるみ割り人形」のリハーサルやなんやで
忙しい。ありがたいことに
宿題は無い。 

 タツ(小5)は、おとといの
水泳の練習の後、冷えたのか、
昨晩熱が出て、
今日は学校を休んだ。
しかし金曜日に向けてプロジェクトの準備ある。
 まだ本調子じゃないのに
宿題やろうとするタツ。 

 明日も休ませようかな、、、しかし
病欠しても、宿題は容赦なく?
たまっていくので、
本人はチョコットでもやり進めようとする。

 偉いなあ、タツ~。 


私 「具合悪くて休んでるんだし、
  宿題、いいんじゃないの?やらんでも」

タツ 「ううん、それでもやらないといけないのー!」

私 「偉いなあ、キミは。
  お母さんよりマジメじゃん?」



 数時間後、、、私とモー太が車に。



私 「アイツ、お母さんがやらなくてもいいんじゃないの?
  って言っても、それでもやるんだって言ってさ。
  偉いな、アンタの弟。」

モー太 「良い子を生んだな、母ちゃん。」 

私 (爆笑。アンタはダンナか??) 



 車のラジオからは、
クリスマス ソングが流れ続ける。 

 ドタバタ年末、楽しまなきゃナ☆


いつも訪問してくださり、
ありがとうございますー☆
 

あなたはどんな人間? 3

2010.12.06.14:31

 インターネットがナカナカ本調子にならない。
 業者さん、なにとぞ早く元に戻してくだされ~。

 

 そうそう、で、
 
 私は考えます、、、

 親の私やダンナの思う事をどんどん
子供に聞かせる。
一時一時を大事にして。

 人の文句とか、ネガなことじゃなく、 

なんていうかな~~

今まで生きてきて
よかった事、オモシロかった事
いたずらした事、失敗談、
苦労した事、そこで得た事などなど、     

生活する中で、ちょっとしたきっかけに
ちょこちょこ素直に聞かせてやる。

 カッコつけてしゃべってもだめだ!
子供は賢い。すぐバレル!  



 この後子供が生きていく過程で、
チョコチョコと顔を出すような
インパクトのある‘親の言葉’を、
‘ユニークなプレゼント’をたくさんあげたい。 
日々の行動としても、示してあげたい。
最後の生きている瞬間まで。



 ‘希望’を沢山あげたい!
‘人への思いやる気持ち’を
悟らせたい!
 生きていくパワーを、親なりに
一生懸命あげたい!        

 
 それは、たとえ親が早くに逝ってしまったとしても
子供の人生にずっとユニークな宝として
パワーを発揮するでしょう!☆



 う~ん、あとは、
料理をはじめとして、家事を
教えたい、  
かな~。
もちろん、スキンシップや
勉強や特技を伸ばす事や
マナーや、色々ほんとに色々ありますよね。
だからいくら伝えても伝えても
これで十分とは思えないだろう。
まだまだやってあげたかった!っと
思うでしょうね☆

        
 可能なかぎり、っとしか
言えませんね☆





 そう、で、あと、
私という個人 的には、


 物心付いた頃から、
自分はアートの何かをしなければならない
っという思いがなくならないんです。


 長年の思い込み(脳のクセ)かな、とも
思ったけど、
やはり、あるんです、その思いが。

 そんな事を考えてもう40ウン年たち、
他人から見て、
ナニカうごめいてる?
くらいの事しかまだしてませんが。

 ただ、次世代(子供たち)の為の
土台、基盤造りだけで終わったら
誰かに、何かに 申し分けない気がする
んです。

 沢山の土台、基盤 は
過去の多くのご先祖様たちが
たくさん築いてくださったし、


 ☆土台、基盤のメンテナンス + 一個性体の開花☆ 

が、必要だと思うんです。


 消して自己満足でもない。
 ホントの満足感ではないだろうしね☆

 チョコッと次世代のために
☆新しい土台、基盤 + 開花☆ を残したい。


 自我の自己では残せないようです。
 無我の自己がしなければならない?、、、


 そんな感じシマス。

 自然にナチュラルに
力まず、
でもボーっとせず。



 だれでも、他者にとって
得られるものを持っている。
学べるものを持っている。
  
 それを横に(今生きている他者に)
 それを後に(次世代に)

シェアしたい。お互いにプレゼントし、プレゼントされ、、、。



 皆さんは、

どうですか?


いつも訪問してくださり、
ありがとうございますー☆
 

 
40ウン才 1夫の妻 3児の母 アメリカ在住

ハナブキ2

Author:ハナブキ2
40ウン才 1夫の妻 3児の母 アメリカ在住
子育て親育て家庭育てに良いもの物色。真剣にご紹介していきます!

ランキング人気上位
☆海外全般                                                     ☆学校.教育その他                                                      ☆エコロジー                                                      ☆結婚.家庭生活その他                                                         ☆テレビドラマ                                                         ☆クラシック
*被災地への支援 ありがとうございます*
Amazon,                          Waja,                             Narumiya, ワールド, GDOゴルフ,  ぱーそなるたのめーる,                                                                                                       各社のプロダクト購入により、皆様から沢山の温かい義援金が被災地へ送られました。 本当にありがとうございます!これからもプロダクトのご愛用とニュープロダクトへのご注目をどうぞ宜しくお願いいたします。
最新記事
月別アーカイブ
笑顔 エリア(^-^)
  
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ
  応援のクリックありがとうございますー☆ SEO対策: :親子 : :教育
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。